当店のスモールマウスバス攻略法とは!?
外部リンク
野尻湖釣具店ブログ
ピノキオHP
ピノキオブログ
フロントラインHP
モダンボートHP
キタウラカスミブログ
双月えるブログ
 
 
 
 
 
 
 

 

  当店なりのスモールマウスバス攻略法

 

 みなさんこんにちは。私、スモールマウスバスの聖地・長野で生まれ育ち、まずまず長い間バスフィッシングを
経験し、まずまず釣れない悔しさを積み重ねてまいりました。 ここではこれまでに釣れない経験から、それなりに研究を
重ねてきたスモールマウスバスフィッシングについてお話ししたいと思います。皆様の釣りのお役に立てば幸いです。

 

   スモールマウスバスの特徴


 一般的にはラージマウスバスよりも冷水性だとか目が良いとか言われていますが、そんなどうでもいい話ではなく、
釣りに繋がる話をしていきますね。
これは「ラージマウスバスと比べて」というふうにお考えください。

 

 特徴その1 中層は食わない

 クリアレイクのバスって中層を釣るっていうイメージが強くないですか?それもいいんですが結構難しいんですよね。
スモールマウスは意外とトップかボトムで良く釣れるので、シャローだろうがディープだろうがもうトップとボトムだけと
考えたほうが効率良く釣れると思います。中層の釣りは一旦切り捨てて、トップかボトムに集中してしまいましょう。

 

 特徴その2 繁殖本能が強い?

 スポーニングベッドにいるスモールは、ラージ以上にネスト
(スポーニングベッド)への外敵などの侵入者やゴミに敏感に反応している
ように感じます。人間が近づくと逃げますが、すぐに戻ってきます。
ラージだとネストを放棄してしまうようなプレッシャーを受けても
耐えてると思います。健気なんですが、ネストの釣りで釣られてしまいやすいんです。

 

 特徴その3 捕食が下手

 単純に口が小さいので、ラージに比べてフックが口に入りにくく、フッキング率が低くなります。スモールマウスバス
本人たちも自分たちが口が小さくて捕食が上手くないのをわかっていますから、「この大きさなら食える!」と思う
大きさがラージより小さいです。ルアーを小さくするのは恥ずかしいみたいな風潮、ちょっとありますけど、2.5から
3インチを基準にルアーをセレクトするといいと思います。
また、同じ長さなら太いより細いルアーやワームのほうが好きなように思います。

 

 特徴その4 一定のリズムがお好き

 ルアーにアクションを付けるときに、チョン、チョチョン、チョン、シーン、チョチョーン、とランダムにやるより、
ひたすらチョン、チョン、チョン、チョン、チョン、とか、ビビビビビビビ…とやっていた方がバイトが多いと
思います。また、止めるならひたすら止まっていた方がいいとか、ズル引きなら一定の速さでズル引いた方がバイトが
割合、多いと感じています。
もちろん、根掛かりが外れた瞬間とかそういうときのバイトも多いです。

 

 特徴その5 蛍光色がお好き

 クリアウォーターでチャートカラーのルアーを使うというのはもしかしたらあまり向かないと思われているかもしれない
のですが、スモールマウスバスに関してはチャートカラー好きなようです。イエロー、ピンク、オレンジ、グリーンの
チャートのルアーをお持ちでしたら試してみてください。

スモールを釣る、という視点での特徴はこんなところです。あくまでもラージと比べてなので、極端な受け取り方で
失敗しないようにしてください…。




 

  季節ごとの釣り


野尻湖や木崎湖でのスモールマウスバスの季節ごとの釣り、攻略法をご紹介していきます。こういう話は色々な方の
ブログなどでも紹介されていますので今更なのかもしれません。それでも、また新たな発見もあるかもしれません。
よろしければ読んでみてください。


 

  春(4月〜5月中旬)



この時期のスモールマウスバスは腹ペコなんでしょう、ものすごく餌を食べたがっているようです。
広いフラットエリアでは表層に産卵を終えた大きなワカサギが力尽きてプカプカ浮いてたり
ふらふら泳いでたりしています。そんなワカサギをバスは狙っています。
こんなときにはストレートワームに1.5g前後のジグヘッドスイミングやI字系のルアー。

ロッドを立てて表層を一定のスピードでゆーっくりと巻くのです。
チョンチョンなどアクションもしなくていいです。

ビッグベイトへの反応も良い時期ですね。
 

  春(5月上旬〜6月いっぱい)


ネストのサイトフィッシングが最高潮の時期です。遠くからはるばるいらっしゃる釣り人もたくさんいるので、
釣れなかったらつまらない、せっかくだからサイトフィッシングでも釣るのは当然だと思います。でもですよ、
この時期は魚の食い気も最高潮のため、ネストのサイトフィッシングだけではかえって効率が悪いんです。
ズバリ、シャッドやライトキャロのドラッギングがおすすめ。フラットエリアの水深2.5m〜4mレンジをキープして
流すのです。シャッドはボトムをこするようにシャッシャッ、ピタ。シャッシャッ、ピタ。って感じで。
キャロは2〜3インチのテールが動くワームでズル引きです。結果としてネストのバスも釣れてしまいますが、
ネストのバスと食い気のあるバスの両方を狙えるため、やはり数を釣るならこんな感じです。

できるだけ、この時期にバスを釣ったらライブウェルなどに入れず、写真もすぐ撮って、速やかに水に戻して
あげて下さいネ。

 

  夏(6月〜8月中旬)


ネストを釣るのが好きでないアングラー待望の虫パターンの時期です。1日中セミルアーを投げ続けるアングラーが
大勢いるほど、楽しい釣りです。虫、セミルアーの良し悪しはあまりないと思います。ただ、色への反応は日替わりっ
ぽいので、好きなセミルアーでいろんな色を用意すると良いようです。また、セミルアーは飛ばないので、飛距離の出る
タックルを用意することも大事かもしれません。

投げたら基本的にはアクションせずに待ちます。30秒くらい待つという人もいますが、釣れる時は着水から
10秒以内
が多いので、10秒で回収、投げ直しのほうが良いでしょう。

バシャッとバイトがあったら即合わせです。トップだからためてためて…ではなく、即!合わせですよ。
 

  夏(8月中旬〜9月いっぱい)


お盆を過ぎると一気に釣れない湖に変身してしまうんですが、釣りのお客さんもだいぶいなくなるので、ゆっくり
釣りたい人にはいいシーズンです。
釣り的にはこのころが一番中途半端です。というのも、セミパターンもわずかに残りつつ、カメムシパターンという
新たな虫パターンがあり(やり方は一緒)、水深8m〜10mくらいではフットボールジグパターンもあります。
どちらも数が釣れるパターンではないので迷うのです。フットボールジグは3/8ozか1/2ozのものを使い、4〜6インチ
グラブなどフォーリングで動くものをトレーラーにします。釣り方はフルキャスト〜フリーフォール〜着底。
ここでバイトが集中します。ダメなら1mほどリフトしてカーブフォール。カーブフォール中にひったくられます。
ダメなら回収〜繰り返し、です。

急深なバンクなら岸と平行にキャスト、フラットエリアなら適当にキャストと移動ですね。
 

  秋(9月下旬〜11月禁漁まで)


この時期に好きで通う人はもうほぼ変態ではないでしょうか。数は釣れないのに釣れてもサイズがちっちゃいとか
もうほんと、「ドM」な世界です。

この時期は春に生まれたワカサギが大きな群れを作って移動する時期になります。
大きな群れが魚探に映ると画面が真っ黒(真っ赤)になり、本当は水深10mなのに
水深1m表示になったりと、魚探が狂うほどの濃い群れになります。

当然バスも群れについて回っているのですが、なかなか釣れません。

それでもワカサギがいなければバスもいないので、その群れを追って釣りをするしか
ありません。群れのワカサギのサイズが2cm〜3cmと小さく、マッチザベイトと
いうことで2インチのワームのダウンショットなどが有効ではあるのですが、
大きな群れのなかの小さなワームなのでなかなか見つけてくれないのか、本物のエサが
すぐ近くにいるからワームなんか興味がないのか、反応がすごく悪いのです。

そんなときにはリアクション狙いです。代表的なのはメタルジグ、ジグミノー、テールスピンジグのような重くて小さい
ものを使ってみましょう。アクションは着底してすぐ大きくしゃくり(ここでバイトが集中)、フリーフォール。
フリーフォール中に食うことも多く、食っていれば次のしゃくりでうまいことフッキングします。

またはヘビダン。これもアクションはまったく同じ。そしてメタルもヘビダンも回収するときは思いっきり回収。
このスピードでリアクションバイトっていうのもかなり多いです。ボトムから表層に追い込んでバイト、という
イメージです。
アラバマリグを使うのに抵抗がなければそれも有効ですね。アラバマリグはまずはフルキャスト、フリーフォール、
着底からゆっくり一定のスピードで巻くだけです。ワカサギの群れに突入するときと、ワカサギの群れから脱出
するときにバイトが集中するイメージで使ってみてください。


しかしながらいずれも結局はディープの釣りであるため、効率が良くないのです。釣れない、苦しい時期です…。

また野尻湖ではこの9月中旬後らから10月中旬ごろまで、無風になると表層でのボイルがかなり多く、ボイル撃ちの
釣りができます。しかし、ボイル撃ちもなかなか難しいです。釣れそうで釣れないんです…。でも、このボイル撃ちが
楽しみで通う方もいますね。もうほんと、ドMです。
わたしはそんな方、好きです。

 

  冬


野尻湖は禁漁期間があるため、木崎湖は凍ってしまうため、冬は釣りはお休みです。
お休みと言ってもこのシーズン、どんな釣りをしたかな〜とか、どうしてバラしちゃったのかな〜とか
考えます。反省会です。そして次のシーズンに活かすためにタックルを整理しますよね。これがまた
楽しいのですが、これこそ攻略法ですよね!
いらないタックルは売って、必要なタックルを補充してください。
その際はぜひ、当店で(笑)


 

  スモール攻略の強い味方


 スモールマウスと言っても、釣り方や季節ごとのバスやベイトの動きなどは、意外と簡単だったりすることが
わかってしまったのではないでしょうか。ただ、どうしても大事なのが、場所です。場所だけは間違ってしまうと
いくら釣れるルアーで釣れるアクションをしても釣れません…。


よろしければ、当店オリジナルの釣りマップをご活用ください。エリアごとに詳しい解説を添えて、また、
遠征で来られる他のアングラーには知られていない隠れポイントも記載してありますので、次の釣行がきっと
楽しみになるはずです!
 




ホームへ戻る

野尻湖攻略法のページへ

木崎湖攻略法のページへ

 

ページトップへ